トロイダル回折格子搭載分光センサ

Spectro Sensor

トロイダル回折格子搭載分光センサ

トロイダル回折格子搭載分光センサは収差補正型トロイダル回折格子により分光した光を、CMOSフォトダイオードアレイで電気信号に変換し出力します。

非点収差を補正した自社製トロイダル回折格子を搭載することで、フォトダイオードアレイ上に高効率で集光しています。フォトダイオードアレイにはSN 比の高いCMOS フォトダイオードアレイを採用しています。これらにより当社従来品より2倍以上の出力強度を得られます。

また、高次光カットフィルタと迷光カットフィルタには自社製多層膜フィルタを採用して、不要成分である高次光と迷光を全波長域で除去し、SN比の高い分光センサを実現しました。

本製品はLED等の光源評価用途やライフサイエンス、カラーセンサなどの組込み用途に適しています。

※本製品は受注生産品です。納期についてはお問い合わせ下さい。

特長

  1. トロイダル回折格子搭載により高SN比
  2. 波長領域340nm〜800nm
  3. 340nmにおいて0.5%を切る低迷光
  4. 装置製品への組込みに最適
  5. RoHS指令(※)適合
※RoHS指令:
EUにおける水銀、カドミウム、鉛、6価クロム、PBBおよびPBDEの使用を禁止する規制(EU指令2002/95/EC)

LED 光源 スペクトル取得例
LED 光源 スペクトル取得例
水銀ランプ スペクトル取得例
水銀ランプ スペクトル取得例

仕様

部品番号 691-00500
機種名 分光センサ OSS-0081
マウント フラットフィールド インプレーン ポリクロメータ
光入力 FCコネクタ(標準)、SMAコネクタ(オプション)
スリット 幅0.1mm
グレーティング 収差補正型トロイダル回折格子(有効面積φ26mm) □ 30mm × 30mm
  溝本数 550±2本/mm
  回折効率 50%以上(340nm において)
検出器 浜松ホトニクス社製CMOSフォトダイオードアレイ S8387-1024Q 1024チャンネル
出力波長 340nm〜800nm
波長精度 ±3nm
半値幅 5nm
迷光 340nmにおいて0.5%以下
電源入力 +5V±0.25V
信号出力 CMOS フォトダイオードアレイS8387-1024Q と出力端子直結
出力コネクタ D-SUB コネクタ9 ピン メス型
外形寸法 W141mm × D107mm × H50mm
重量 0.8kg
使用環境 10℃〜40℃ 結露なきこと

外形寸法

外形寸法
トロイダル回折格子搭載分光センサ (P/N691-0500)

信号出力部

ピンアサイン
1 CLK
2 GND
3 ST
4 EOS
5 Vg
6 Vdd
7 GND
8 Video
9 Vss
※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。
ページトップに戻る