分光センサは、回折格子を回転させずに各波長のスペクトル強度を同時測定できる分光器です。

可動部が無いことから、安定した測定ができる特長があります。

分光放射輝度計や比色分光計の検出器としてはもちろん、近年では生化学用や半導体プラズマプロセスの終点検出、果実の糖度計など、オンライン測定用で採用が拡大しています。

回折格子やフィルタなどの光学素子を内製できる特長を生かし、光学的なノイズ(迷光)を抑えた分光センサをOEM供給します。これまで培った経験を生かし、最適な入射光学系の提案も可能です。お気軽にご相談ください。

※ポリクロメータ、マルチチャンネル分光器ともいう

>> お問い合わせフォームヘ

■ 解説
・ 分光センサの適用事例

セレクションガイド

※製品画像をクリックしてください

ページトップに戻る