固体で一般的に普及している屈折率測定方法として、1.最小偏角法、2.臨界角法、3.Vブロック法があります。当社では屈折率測定器として、最小偏角法の精密分光計(GM型、GMR型)、臨界角法のアッベ屈折計(KPR-30A型)、Vブロック法の精密屈折計(KPR-3000型/KPR-300型/KPR-30V型)を販売しています。
それぞれの屈折率測定法に特徴があり、用途に応じて、測定方法を選択する必要があります。
凹面回折格子

 

関連製品

ページトップに戻る