• HOME 
  • ニュース
  • 2017年
  • > 当社の特許が「平成29年度全国発明表彰」の「発明賞」を受賞

2017年

お知らせ

2017/06/20

当社の特許が「平成29年度全国発明表彰」の「発明賞」を受賞

島津製作所の特許「MS/MS型質量分析装置」(特許第4978700号)が、公益社団法人発明協会が主催する「平成29年度全国発明表彰」の「発明賞」を受賞しました。
「全国発明表彰」は、日本の科学技術の向上や産業の振興に寄与することを目的として大正8年に始まり、多大な功績を挙げた発明や考案、意匠を表彰するものです。

【発明の概要】
本発明は、MS/MS型(トリプル四重極型)質量分析装置によって、高速かつ高感度に多成分の一斉分析を可能にするものです。
MS/MS型質量分析装置の分析スピードを向上させるためには、イオンが導入されるコリジョンセルに残留した不要イオンを迅速に排除する必要があります。従来提案されていた手法は、構成の複雑化やコリジョンセルが汚染されやすいという問題があり、汎用製品への適用が困難であるとされていました。
当社は、このような課題を解決する不要イオン迅速排除技術を発明し、簡便かつ堅牢で汎用製品にも適用可能な構成で実用化しました。不要イオンの排除によって高速・高感度な多成分一斉分析が可能になり、データ取得時間の短縮も実現しました。
本技術を用いたMS/MS型質量分析装置は、食品中の残留農薬の一斉分析や血中に含まれる薬毒物のスクリーニング、医薬品の有効成分の定量、メタボロミクス解析など、幅広い分野における分析に貢献しています。


受賞技術を用いるMS/MS型液体クロマトグラフ質量分析計「LCMS-8060」(左)とMS/MS型ガスクロマトグラフ質量分析計「GCMS-TQ8050」(右) 受賞技術を用いるMS/MS型液体クロマトグラフ質量分析計「LCMS-8060」(左)と
MS/MS型ガスクロマトグラフ質量分析計「GCMS-TQ8050」(右)

ページトップに戻る