• HOME 
  • ニュース
  • 2017年
  • > 新薬開発向け、実験動物からの血液採取量を抑えて血漿を容易に分取可能な マイクロサンプリングデバイス「MSW2」を発売

2017年

プレスリリース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2017/05/15

新薬開発向け、実験動物からの血液採取量を抑えて血漿を容易に分取可能な
マイクロサンプリングデバイス「MSW2」を発売

「MSW2」を構成する「Microsampling Wing」(左、拡大写真)と「Microsampling Windmill」(右) ※実際の製品は半透明です。「Microsampling Windmill」にはカバーが付属します。 「MSW2」を構成する「Microsampling Wing」(左、拡大写真)と「Microsampling Windmill」(右)
※実際の製品は半透明です。「Microsampling Windmill」にはカバーが付属します。

島津製作所は、受託分析事業などを手がける当社グループ会社・島津テクノリサーチと共同で、 新薬開発などを目的に実験動物の血液検体を分析する製薬メーカーや機能性食品メーカー向けに、微量な検体の採取や分析に必要な血漿の分取を容易に行える非臨床分野用のマイクロサンプリングデバイス「MSW2(エムエスダブリュースクウェアード)」を開発し、5月15日に当社から販売を開始しました。

「MSW2」は、血液検体を採取・保持するための樹脂製デバイス「Microsampling Wing(マイクロサンプリング ウイング)」と、最大14個まで「Microsampling Wing」をセットできる専用のホルダ「Microsampling Windmill(マイクロサンプリング ウインドミル)」から構成されます。「Microsampling Wing」で血液検体を採取し、「Microsampling Windmill」にセットしてそのまま遠心分離を行うことで、ヘマトクリット値(血液中に占める赤血球容積の割合)の変動に従って、23μLの血液から最大8.1μL、通常で5.6μLの微量な血漿を煩雑な作業無しで分離して再現性良く取り出すことができます。

※本製品は、研究用途のみに使用可能です。医薬品医療機器法に基づく医療機器として承認・認証等を受けておらず、治療診断目的およびその手続き上での使用はできません。

【開発の背景】
新薬の開発工程には膨大な数の動物実験が必要になることから、実験動物に代わる手法を用いる、もしくは苦痛を与えず利用を最小限に抑える3Rs(Replacement、Refinement、Reduction)の原則の徹底が求められています。3Rsの原則のもと、分析装置の能力向上も相まって、実験動物の血液検体の分析を行う際には、採取する血液量をμLオーダーまで減らすマイクロサンプリングの活用が広がっています。従来、実験動物から微量な血液を採取するには、ガラス製のキャピラリ管を用いることが一般的でしたが、扱いや管理の面で手間やヒューマンエラーが発生するリスクが指摘されていました。

当社と島津テクノリサーチは、このような課題の解決を目指し、実験動物からの血液採取量低減や、血漿の分取とその後の処理の簡略化、ミスが起こりにくい検体の保管に貢献する本製品を開発しました。

【新製品の特長】
毛細管現象を利用して「Microsampling Wing」内の流路に23μLの血液検体を所定の位置まで流入させ、「Microsampling Windmill」にセットし遠心分離することで、「Microsampling Wing」の流路内で血球と血漿を分離できます。「Microsampling Wing」には血漿が保持される位置に溝を掘っており、この部分を作業者が手で折って分割することで、通常5.6μLもしくは2.8μL×2、ヘマトクリット値の変動に従って追加で2.5μLの血漿を分取できます。折ったチップをそのまま別のチューブに入れ、除タンパクなどの処理を加えることも可能です。また、「Microsampling Wing」は、「Microsampling Windmill」に14個までセットでき、保管にも便利です。

※毛細管現象…液体中に細い管を入れると、表面張力によって液体が管内を上昇する現象

【株式会社 島津テクノリサーチについて】
社名:株式会社 島津テクノリサーチ
代表:代表取締役社長 福永秀朗
設立:1972年4月21日
資本金:8,000万円
本社所在地:〒604-8436 京都市中京区西ノ京下合町1番地
事業内容:環境分析、材料分析、医薬品関連試験などの受託分析事業・調査研究業務


本製品は、研究用途のみに使用可能です。医薬品医療機器法に基づく医療機器として承認・認証等を受けておらず、治療診断目的およびその手続き上での使用はできません。


名 称 マイクロサンプリングデバイス「MSW2(エムエスダブリュースクウェアード)」
(「Microsampling Wing(マイクロサンプリング ウイング)」と
「Microsampling Windmill(マイクロサンプリング ウインドミル)」から構成)
「Microsampling Wing」の定価
「Microsampling Windmill」の定価
トライアルパックの定価
23万8千円(1パック14点入りで10パックから販売)
4万円(1パック10点入り)
5万円(「Microsampling Wing」14点と遠心分離用チューブ14点入り)
※価格はいずれも税別
ページトップに戻る