コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスの体制

厳しい競争を繰り広げるグローバルな事業環境の中で、当社事業経営の発展充実と業績拡大を目指し、適正なコーポレートガバナンスのもと、迅速に経営の執行を行う体制を強化するために、以下のような役員体制および経営機構を採用しています。
会社の機関としては、業務執行の意思決定・監査機関として取締役会を、取締役会による意思決定のもと業務執行を行う機関としてとして社長その他の業務執行役員および執行役員会を、監査機関として監査役会および会計監査人を、それぞれ設置しています。
なお、取締役の経営責任を明確にするため、取締役の任期は1年としています。また、会長を含む業務執行役員は、取締役会で選任します。

ページトップに戻る
ページトップに戻る