個人情報の開示等のご請求方法について

1.開示等の求めに応じる手続き

個人情報保護規程に基づく「開示対象個人情報」に関して、本人から利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は、削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止を求められた場合は、遅滞なくこれに応じ、次の手順で実施いたします。

2.開示等の求めに応じる手続き

個人情報の開示等を求められる場合、ご本人もしくは代理人の方が来社の上、弊社所定の書類を提出していただく必要がございます。遠方など来社が難しいなどやむをえない理由がある場合においては、郵送での取扱いも受付けております。

3. 開示等ご請求に際してご提出いただく書類

開示等ご請求に際しては、所定用紙(PDFファイル)をダウンロードし、ご提出いただく必要がございます。尚、目的によって書類が違いますので、下記よりダウンロード願います。

  1. 弊社が保管する個人情報 利用目的の開示を求められる場合
    「個人情報利用目的の通知・開示請求書 (PDFダウンロード)」
  2. 弊社が保管する個人情報の訂正等を請求される場合
    「個人情報訂正等請求書 (PDFダウンロード)」
  3. 弊社が保管する個人情報の利用停止を求められる場合
    「個人情報利用停止等請求書 (PDFダウンロード)」
  4. 代理人の方がご請求を行なわれる場合
    「委任状 (代理人を定めるとき) (PDFダウンロード)」

請求の際には、ご本人を確認させていただく為、下記の書類が必要になります。

<本人確認のため書類>
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 戸籍謄本
  • 健康保険の被保険者証
  • 国民年金手帳
  • その他ご本人と確認できる公的書類(公的機関からの郵便物など)

※郵送で送付される場合は、免許証またはパスポート等の「本籍」部分を黒く塗りつぶしてご送付いただきますようお願い申し上げます。ただし、本籍部分を塗りつぶすと現住所が確認できなくなることがございますので、現住所が確認できる書類をご提出ください。

【ご注意】

<ご本人の場合>
運転免許証やパスポートのような顔写真付の書類の場合は、どちらか一方の書類で結構ですが、それ以外の場合は、原則少なくとも2種類以上の提出していただく場合がございます。
<代理人の場合>
  1. 本人又は未成年者又は成年被後見人の法定代理人の場合は、上記の書類に加え、次の書類を提示していただく必要がございます。
    • 法定代理人本人であることを確認する書類(運転免許証、パスポート、戸籍謄本、健康保険の被保険者証、国民年金手帳、その他本人確認できる公的書類のうち2種類以上)
    • 法定代理権があることを確認する書類(戸籍謄本、健康保険被保険者証、登記事項証明書のうち1点)
  2. 本人が委任した代理人の場合の場合は、(1)の書類に加え、次の書類を提示していただく必要がございます。
    • 代理人本人であることを確認する書類(運転免許証、パスポート、戸籍謄本、健康保険の被保険者証、国民年金手帳、その他本人確認できる公的書類のうち2種類以上)
    • 委任状 (当社所定の用紙にて)
    • ご本人の印鑑証明書

4. 手数料

手数料:1000円
※上記は開示等ご請求1回についての費用になっております。

お問い合せ