その他のトピックス

2017.05.22 西風隆司が日本質量分析学会奨励賞を受賞しました

 当所員の西風隆司が本年の日本質量分析学会奨励賞を受賞し、授賞式と受賞講演が第65回質量分析総合討論会(5月17~19日)にて行われました(研究題目:「MALDI-MSによるペプチド・糖ペプチド・糖鎖の解析における高感度化-糖鎖修飾構造解析法-」)。
 西風は、横浜市立大学で博士課程を修了、公益財団法人野口研究所・糖鎖生物学研究室を経て2011年より島津製作所 田中最先端研究所に入所し最先端研究開発支援プログラム(FIRST)に参加、その後も当所にて研究活動を継続しています。西風はこれまで一貫して生体高分子(特にペプチドや糖鎖・糖ペプチド)分析の高感度化と構造解析法に関する研究開発を行っており、化学修飾を用いた感度向上や構造情報の増強が評価され受賞に至りました。近年開発したSALSA法は、質量分析が苦手とする糖鎖の結合異性体識別を可能にする技術として特に注目されています。

2017.03.29 "Nature Index 2017 Japan" に当所が掲載されました

 "Nature Index" は、シュプリンガー・ネイチャー社の提供する、高品質な研究成果を国・機関別にプロファイリングするデータベースです。そのサイトの"Nature Index 2017 Japan" の "Top 25 Corporate Institutions" に、当研究所が19位として掲載されました。

2017.03.27 「参考資料」のページを新設しました

 ms3d最先端研究開発支援(FIRST)プログラムアーカイブでは「参考資料」として “MALDI Matrix List” 等の有用な情報を掲載しています。 それら情報にアクセスし易く、今後も有用情報を追加掲載するページとして、当所「参考資料」ページを新設し、サイドバーを設けました。

2016.03.03 フリーウェアMass++の総ダウンロード数が5,000件を超えました

 "Mass++"は、様々なベンダーの質量分析データの表示・解析用フリーウェアとして 特に海外の方々に活用されています。
 このMass++は、JST/CRESTの成果を受け継ぎ、内閣府FIRSTプログラムのもとで エーザイ(株)と島津製作所 田中最先端研究所が共同で開発し、FIRST終了後も、島津製作所ではUpdateや論文発表を重ね、さらにMass++のソースコードを公開(オープンソース化)してきました。
 フリーでダウンロード可能になった2011年9月から既に4年以上経過しましたが、順調にユーザ数が増え、この度 総ダウンロード数が5,000を超えました。


 "Download the software or read more details here"をクリックすると、Mass++を1ユーザとして使用するためのガイド閲覧や、実際のダウンロードサイトへ進めます。"Source Code"をクリックすると、ユーザ自らソフトウェアを開発するためのOpen Sourceサイトにリンクします。


関連情報:

ページトップに戻る