学会発表の紹介

当研究所員の行った最近の主な学会発表です。

ISPlasma2017/IC-PLANTS2017

2017年 3月1~5日

03P73

Development of Compact Microwave Driven Atomic Beam Sources

(1Doshisha University, 2Shimadzu Corporation)
Yuji Shimabukuro1, Hidenori Takahashi2, Motoi Wada1

第32回 日本環境感染学会総会・学術集会

2017年2月24~25日

招請講演1

MALDI-MS - ライフサイエンス研究から臨床検査へ -

(島津)
岩本慎一


名古屋大学 予防早期医療創成センター
第6回ワークショップ

2017年1月23日

2-2

皮膚表面の質量分析法

(島津)
岩本慎一


平成28年度 東洋大学生命環境科学研究センター
研究進捗報告シンポジウム

2016年12月16日

特別講演(2)

質量分析、人と地球の健康のために

(島津)
岩本慎一


第33回 プラズマ・核融合学会 年会

2016年 11月29日~12月2日

30pP04

マイクロ波を用いた小型原子源の開発

(1同志社大・2島津)
島袋祐次1 ・髙橋秀典2 ・和田元1


第56回日本核医学会学術総会

2016年11月3~5日

シンポジウム6-4

Novel plasma biomarker surrogating cerebral amyloid deposition in Alzheimer's disease

(島津)
金子直樹


第35回日本糖質学会年会

2016年9月1~3日

P-065

超百寿者血漿タンパク質の N-結合型糖鎖シアル酸結合様式の解析

(1東京都健康長寿医療センター研究所・2島津・3国立医食研・4慶応大)
津元裕樹1・西風隆司2・橋井則貴3・三浦ゆり1・阿部由紀子4・新井康通4・岩本慎一2・石井明子3・広瀬信義4・田中耕一2・遠藤玉夫1

日本プロテオーム学会2016年大会(JHUPO第14回大会)

2016年7月28~29日

2P-07

新規内在性ペプチド同定ソフトウエアの尿試料への適用

(島津)
村瀬雅樹・ 福山裕子・ 日置雄策・ 山田賢志・ 児嶋浩一・ 岩本慎一・ 田中耕一


第64回米国質量分析学会(ASMS)

2016年6月5~9日

ThOB pm 02:50

Improvement of Hydrogen Attachment/Abstraction Dissociation (HAD) efficiency for low-charged peptides using supplemental activation

(1Shimadzu Corporation, 2Doshisha University)
Hidenori Takahashi1, Sadanori Sekiya1, Takashi Nishikaze1, Shosei Yamauchi1, Shinichi Iwamoto1, Motoi Wada2, Koichi Tanaka1

WP 131

Sialyl linkage-specific glycan profiling using solid-phase SALSA: a simple and versatile derivatization approach

(1Shimadzu Corporation, 2Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology)
Takashi Nishikaze1, Hiroki Tsumoto2, Yuzo Yamazaki1, Shinichi Iwamoto1, Yuri Miura2, Koichi Tanaka1

ThP 514

3-Hydroxy-4-nitrobenzoic acid (3H4NBA) as a MALDI matrix for In-Source Decay

(1Shimadzu Corporation, 2Hiroshima University)
Yuko Fukuyama1, Shunsuke Izumi2, Koichi Tanaka1

ThP 515

Application of hydrogen attachment/abstraction dissociation (HAD) for peptide analysis

(Shimadzu Corporation)
Sadanori Sekiya, Hidenori Takahashi, Takashi Nishikaze, Shosei Yamauchi, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

第64回質量分析総合討論会

2016年5月18~20日

1B-O1-1605

水素付着/脱離解離(HAD)を用いた低価数ペプチドイオンの構造解析

(1島津・ 2同志社大)
高橋秀典1・ 関谷禎規1・ 西風隆司1・ 山内祥聖1・ 岩本慎一1・ 和田元2・ 田中耕一1

1P-27

In-Source Decay using 3-Hydroxy-4-Nitrobenzoic Acid (3H4NBA) as a MALDI Matrix

(1島津・ 2広島大)
福山裕子1・ 泉俊輔2・ 田中耕一1

2P-23

超百寿者血漿のN -結合型糖鎖におけるシアル酸結合様式の解析

(1東京都健康長寿医療センター研究所・ 2島津・ 3慶応大)
津元裕樹1・ 西風隆司2・ 三浦ゆり1・ 阿部由紀子3・ 新井康通3・ 岩本慎一2・ 広瀬信義3・ 田中耕一2・ 遠藤玉夫1

3P-05

ペプチド構造解析における水素付着/脱離解離法(HAD)の有用性

(島津)
関谷禎規・ 高橋秀典・ 西風隆司・ 山内祥聖・ 岩本慎一・ 田中耕一

3P-12

標的ペプチド・データベースを用いた内在性ペプチド同定ソフトウェアの開発

(島津)
村瀬雅樹・ 福山裕子・ 日置雄策・ 山田賢志・ 児嶋浩一・ 岩本慎一・ 田中耕一

3P-23

固相SALSAを用いるシアル酸結合様式特異的糖鎖プロファイリング法の開発

(島津)
西風隆司・ 岩本慎一・ 田中耕一



1st International Symposium of the Philippines Vacuum Society
(フィリピン真空学会)

2016年1月14~15日

OSA-5

High-flux atomic hydrogen source for peptide ion fragmentation in tandem mass spectrometry

(1Shimadzu Corporation, 2Doshisha University)
Hidenori Takahashi1, Shinichi Iwamoto1, Motoi Wada2, Koichi Tanaka1



第34回日本認知症学会学術集会

2015年10月2~4日

演題番号145

培養細胞を用いたAβ関連ペプチドAPP669-711産生機構の解析

(1島津・ 2東大)
金子直樹1・ 岩本慎一1・ 田中耕一1・ 富田泰輔2



第63回質量分析総合討論会

2015年6月17~19日

2P-27

β-CaseinのMALDI-ISDフラグメント観測に対するイオン滞在時間の影響

(1横市大院生命ナノ・ 2島津)
名越慶士郎1・ 関谷禎規2・ 岩本慎一2・ 田中耕一2・ 高山光男1

2P-19

新規フラグメンテーション法”気相イオン水素付着解離(G-HAD)”の開発

(1島津・ 2同志社大)
高橋秀典1・ 関谷禎規1・ 西風隆司1・ 小寺慶1・ 岩本慎一1・ 和田元2・ 田中耕一1

3P-18

新規フラグメンテーション手法”気相イオン水素付着解離(G-HAD)”によるペプチド・修飾ペプチドの分析

(1島津・ 2同志社大)
関谷禎規1・ 高橋秀典1・ 西風隆司1・ 小寺慶1・ 岩本慎一1・ 和田元2・ 田中耕一1

2P-06

MSで異性体解析に挑む:シアル酸結合様式特異的誘導体化法”SALSA”の開発

(島津)
西風隆司・ 岩本慎一・ 田中耕一

3P-02

Solid-Phase SALSAによる簡便な結合様式特異的シアル酸誘導体化

(島津)
西風隆司・ 岩本慎一・ 田中耕一

 
 
第63回米国質量分析学会(ASMS)

2015年5月31日~6月4日

MP 005

Simple on-plate PNGase F digestion combined with LC/MALDI-MS for site-specific N-glycosylation analysis

(Shimadzu Corporation)
Ritsuko Yoda, Yusaku Hioki, Takashi Nishikaze, Naoki Kaneko, Hideharu Shichi, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

MP 674

Towards the discrimination of sialyl linkages in glycopeptides: A new derivatization approach

(Shimadzu Corporation)
Takashi Nishikaze, Shinichi Iwamoto, Koichi Tanaka

ThP 090

Hydrogen Attachment Dessociation(HAD): A Novel Fragmentation Technique for Singly- and Multiply-charged Peptide Ions

(1Shimadzu Corporation, 2Doshisha University)
Hidenori Takahashi1, Sadanori Sekiya1, Takashi Nishikaze1, Kei Kodera1, Shinichi Iwamoto1, Motoi Wada2, Koichi Tanaka1

ページトップに戻る