社長挨拶

耳を澄まし、技術を磨く。人々の願いを実現するために。

代表取締役社長 上田 輝久

「科学技術で社会に貢献する。」
島津製作所は1875年に京都で創業して以来、創業者のパイオニア精神を受け継いだこの社是をもとに、140年にわたって事業を展開してきました。

私たちの分析・計測機器や産業機器は、実にさまざまな産業の現場で幅広く活用いただいており、お客様の事業を通して、社会に安心や利便性を届ける一助となっています。

また、医療機関の診断や治療、新薬の研究開発を支援する機器は、人びとの健康を守る医師や研究者をサポートし、その活躍の場を広げています。

お客様と共に産業と健康を支える。その重責を担う誇りを胸に、社会が大きく変わろうとする今、いっそう力をつけていこうと気を引き締めているところです。

そのためにも、事業の根幹である科学力・技術力の向上には、より力を注いでまいります。そのひとつが先端研究を行っている皆様との共同研究を世界中で強化することです。得られた知見を製品に応用し、性能や使い勝手の向上を加速させていきます。また、新しい技術の開発に向けた基礎研究への投資も継続的に行っていきます。

お客様の声への感度を高める取り組みも進めています。世界は多様性に富み、お客様の数だけニーズがあるといっても過言ではありません。その声を的確に理解し、いち早くお応えするために、“イノベーションセンター”を世界各地で構築していきます。

お寄せいただく声の中でも、ひときわ多いのは「人と地球の健康」を願われるもので、その実現に向けて、いくつものプロジェクトをすでに立ち上げています。

科学技術や医療の発展の恩恵を受けて、人類の寿命は大きく延びました。しかし、健康を保って人生をまっとうできる人は、決して多くはありません。だれもが尊厳をもって生きられるようにするにはどうすればよいでしょうか。また環境負荷の少ないエネルギーや資材の利用が進んでいますが世界の人々の生活を支えるためには、さらなるエネルギーが必要で、地球の“健康”維持は依然として大きな課題です。いっそ有害物質を一切排出することなく、ものやエネルギーを作り出すことはできないでしょうか。「人と地球の健康」への願いを実現するために私たちは努力を怠らず知恵を絞って取り組んでいかなければなりません。

平坦な道のりではありません。しかし、私たちは、つねに失敗を恐れず、挑戦を繰り返してきました。困難にあってもひるむことなく立ち向かい、課題を一つひとつクリアして、この分野で世界をリードする存在になり、お客様へ事業や研究のアイデアを提供できる存在となろう。そう自分たちを鼓舞しています。

人々の願いを実現し、社会に貢献するために。島津製作所は挑戦を続けてまいります。

代表取締役社長 上田 輝久

ページトップに戻る