企業理念、行動方針

島津製作所の社員は、創業の精神である社是のもとに、社会の一員として果たすべき責任と具体的な行動の指針として企業倫理規定を定め、社会とともに成長し、人類の豊かな未来に貢献することを目指します。

社是

科学技術で社会に貢献する

経営理念

「人と地球の健康」への願いを実現する

企業倫理規定

行動原則…私たちが大切にすべき『基本となる考え方』

1.お客様本位

私たちは、独創的な技術の開発により社会が真に求める製品・サービスを、優れた品質と適正な価格で適時に世界中へと提供し、事業を通じて社会に貢献します。

2.公正・透明な行動

私たちは、世界各国に展開する事業活動や個人の生活において、法令およびその他の社会的規範を遵守し、公明かつ公正に行動します。
また、政治・行政との健全かつ正常な関係を保つとともに、社会の秩序や企業の健全な活動に悪影響を与える個人・団体に関わるなど、社会的良識に反する行為は行いません。

3.ステークホルダーとの対話

私たちは、顧客・株主・取引先・従業員・地域社会などのステークホルダー(利害関係者)との信頼関係を構築します。そのために相互に有益な情報を適宜・適切に、わかりやすく開示し、円滑な双方向のコミュニケーションに役立てます。社外から得られた意見や期待などは、速やかに検討し、適宜事業活動に反映させます。

4.社会への貢献と地球環境の保全

私たちは、長期的かつグローバルな視野に立ち、事業活動を通じて社会に貢献し続けるとともに、地域社会との協調・融和に努め、社会的責任を遂行します。また、環境問題への取り組みが自らの企業の存在に関わる重要な課題であることを認識し、地球環境の保全と人類の健康に貢献するため、自主的、積極的に行動します。

5.社員の創造性と個性の尊重

私たちは、仕事を通じて社員一人ひとりが創造性と個性を発揮し、生き生きと自己実現を図るとともに、会社にとっても高い貢献をし続けることができる職場環境の維持に努めます。
また、個人の人権を尊重し、人種・性別・言語・国籍・宗教・身体的ハンディキャップ・信条その他の理由により差別することはしません。

行動基準…行動原則の考えのもとに、私たちが日常の事業活動で具体的に行うべきこと

1.コンプライアンスに関する行動基準

私たちは、事業活動や日常生活において、法令や社会規範を尊重し、これを遵守するとともに、万一事故があった場合は真摯かつ誠実に対応します。

2.事業活動を通じた社会への貢献に関する行動基準

私たちは、社会が真に求める製品・サービスの提供に努めるとともに、新技術の開発、新事業の開拓にチャレンジし、人類の豊かな未来に貢献することを目指します。

3.安心・安全で信頼される製品・サービスの提供に関する行動基準

私たちは、安心・安全でお客様に信頼される製品・サービスの提供を第一に考え、行動します。

4.科学技術倫理に関する行動基準

私たちは、科学技術に真摯に向き合い、研究開発からサービスに至るまで、常に公正・誠実に、責任を持って判断・行動します。

5.公正な商取引に関する行動基準

私たちは良識を持って、お互いの利益のために、公正な商取引を行います。

6.職務上の付き合いに関する行動基準

私たちは、職務上の関係者である公務員あるいは民間の取引先・関係先と、法律や社会的常識に反するような付き合いはしません。

7.独占禁止法遵守に関する行動基準

私たちは、不当に取引を制限したり、自由な競争を排除するような行為をしません。

8.正しい情報の開示・伝達に関する行動基準

私たちは、正しい情報の、誠実、公平、タイムリーな開示・伝達に努めます。

9.秘密情報の適切な管理に関する行動基準

私たちは、自社および他社の業務に関連する秘密情報(個人情報を含む、以下「秘密情報」と略記)を適切なルールにもとづいて入手し、安全に保管します。また、それらを目的外に使用したり他に漏らしたりしません。

10.インサイダー取引に関する行動基準

私たちは、内部情報を個人的利益のために利用しません。

11.公正な職務行動に関する行動基準

私たちは、私的な利益を目的に会社を不当に利用したり、職権を乱用したりしません。

12.安全衛生・健康に関する行動基準

私たちは、社員が安全に、安心して働ける職場環境を実現するとともに、社員の健康の維持・増進に努めます。

13.社員の人権と多様性の尊重に関する行動基準

私たちは、全ての社員の人権を尊重し、互いの人格、個性などの多様性(ダイバーシティ)を認め合います。その上で、全ての社員の能力が十分に発揮され、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を実現する人材活用と職場作りに努めます。

14.反社会的勢力に対する行動基準

私たちは、反社会的勢力に対し、毅然たる態度で臨み、一切関係を持ちません。

15.国際的活動に関する行動基準

私たちは世界の平和と、環境と人権の保護を希求し、国際的な視野に立って、関係国の法令を遵守するとともに、その文化・価値観を尊重した企業活動を行います。

16.社会に対する行動基準

私たちは事業活動を通じて、社会の発展に貢献し、またグローバル企業として期待される企業の社会的責任(CSR)を果たすために、自ら積極的に取り組みます。

17.地球環境に関する行動基準

私たちは、地球環境を保全し、持続可能な社会の実現に努めます。

ページトップに戻る